現代田んぼ生活 辻井農園日記

滋賀県の湖北地方で完全無農薬有機栽培米の「コシヒカリ」と「秋の詩」と「みどり豊」を作っている辻井農園のブログです。安心して食べていただけるおいしいお米をつくっています。

彼岸花を眺めながらの稲刈りとおしゃれに目覚めるお年ごろ



1日(土)
 朝、精米してお米の発送。それから籾擦りと稲刈り。

2日(日)
 今日も午前中の籾擦りと午後からの稲刈り。
このところ秋晴れが続いていてありがたい。今日で慣行の「秋の詩」も刈取り終了。彼岸花もちょっと盛りを過ぎて花が少し白っぽくなってきたけれど、彼岸花を眺めながらの稲刈りが続いています。

ファッションバイヤー、MBさんの『最速でオシャレに見せる方法』(扶桑社)を買ってみた。帯には「誰も言葉にできなかった “ 男のおしゃれ” を人気バイヤーが解き明かす お金もセンスもファッション誌もいらない!」とある。どうやらファションの教科書的な本らしい。おしゃれに見せるには、論理的な方法があるのだという。なるほどなるほど。

 お金もセンスもいらない、というのが、お金もセンスもない私にはありがたいです。あくまでも「最速でおしゃれに見せる方法」なので、本当におしゃれなのかどうかは、誰にもわからないですが。2015年に出た本なので、もう7年も前に出た本ですが、今ごろファッションの本を出てから7年後に読んでいる自分がいささか哀しい(笑)。言われてみれば黒系のモノトーンが流行っていたような気がするし、黒のスキニーデニムもよく見た気がする。よく見たといっても私の周りで見たのではなく、テレビや雑誌で見たということなんだが(笑)。
 そういえば若いころ 『POPEYE』の “ スタイルブック”も眺めていた気がするなぁ。「BE TRAD それはファッションではない!」というどこかの会社のコピーもよく覚えている。伝統を重んじて、流行に流されない。ファッションじゃないんだ、それは私たちのライフスタイルなんだ、というような意味なんだろうな、ええ、たぶん(笑)。当時はアメリカンなトラディショナルなスタイルが流行っていたのでした。ブルックスブラザーズとかね。あとアウトドア用品のL.L.BeenだのTHE NORTH FACEなんかの人気も広く出はじめてきた時代でした。
 ああ、こんな本を読んでしまって(古い本だけど)、世間の人から “おしゃれな農家さん”とか言われてしまったら、・・・。どうしよう。どうしたらいいの?  (笑)

3日(月)
 今日は雲がちのお天気らしいが、稲刈り頑張ります。あ、事務仕事もしなくてはいけないのですが。いやはや。

9月が終わり10月が始まる。

 9月の後半は24日からまったく更新できていませんでした。やれやれ。
 稲刈りと籾擦りと出荷とヌカ(もみ殻)捨てとそれからお米の精米と発送の繰り返しでした。うーむ。夜はビールをグビッっとやるとすぐに眠くなってしまうので、新聞を読みながらテレビを観ながら居眠りしてしまったりして叱られたりしていました。その分、早起きして動き出してはいたのですが。

  ↓なぜか急に白黒ですが(笑)。秋の空の雲が印象的でしたので。

  ↓カラーだとこんな感じ。って、そんな説明写真はいりませんね(笑)。

  ↓日没。軽トラに籾を満載して田んぼから引きあげるぜ。

  ↓籾擦りを終えて一日が終わる?

  ↓畦畔の彼岸花を眺めながらの稲刈り。

  ↓稲刈りを終えた田んぼからはすでにひこばえが伸びてきています。正面の山は小谷山。

  ↓夕方、一枚の田んぼを刈り終える。コンバインのオペレーターは長男に任せて、私は田んぼの隅刈りをしたりヒエやクサネムを抜いたり、籾を乾燥機に運んだりという作業分担。

  ↓お隣の小学校の駐車場からの残照。今日は小学校の運動会がありました。金曜日の平日なのにビックリ。コロナの感染対策なんでしょうけれど、やはり密をさける配慮があれこれありそうな運動会でしたが、まあ、仕方がないのでしょうけれど、コロナが早く収まるというか、普通の当たり前の過ごし方になってほしいけど。


 ラジオでもネットでも、引退したプロテニスプレーヤーのフェデラーのことが取り上げられていることが思いのほか多くて、私はテニスはまったくの門外漢ですが、今さらながらその人気のすごさに感じ入っています。たぶん人柄ということなんだろうなぁ。

 9月もバタバタとしているうちに終わり、今日からは10月。まだ稲刈りは続きます。4月始まりの年度でいうと一年の半分が終わったという感覚でしょうか。2022年の3/4が終わったことになります。米の百姓の感覚では、秋の収穫が終わって出荷したり年貢を納めたら一年の終わりとなりそうですが、まだ大豆の収穫がありますしね。大豆の収穫、乾燥、選別、出荷、という仕事が待っていますからね。まだまだ先は長いです(笑)。

 稲刈りを始めたのは8月の下旬、もうちょっと頑張ります。今日も朝から快晴です。

「秋の詩」の稲刈りには少し早い気がして事務仕事のあれこれ


21日(水)
 朝、農協と銀行でお金の振り込みなど。
 その後、事務仕事で「ご飯と茶わん」の落書きなど。笑えるけど楽しい。むふふふ。

22日(木)
 終日、雨が降ったり止んだり。
 そんなこんなで、事務仕事をする。

 いろいろ書きたいことがあったような気がするけれど、もう思い出せない。なんだかなぁ。

 今朝の日本農業新聞のコラム。

台風の通過と彼岸花と事務仕事


20日(火)
 夜中に台風は通り過ぎていったけれど、吹き返しの北西の風が夕方までけっこう吹きました。
 ぐっと気温が下がる。
 ビビ号と朝、田んぼ道を歩くとあちこちに彼岸花が咲いていた。台風でいささか斜めになっていましたが。田んぼの方は倒れてぺちゃんこになるかと思いましたが、風は強かったですが、雨が少なかったので、「秋の詩」も「みどり豊」も思いの外立っていてありがたかったです。ええ、斜めにはなっていましたが。やはり「コシヒカリ」と違って中晩稲の品種は茎がしっかりしている分倒伏には強いですね。
 朝の散歩から帰ってくると、家の庭をひょこひょことサワガニが歩いてました。捕まえていたのが逃げたのではありません。家の裏の川から歩いてきたのでしょう。台風でちととち狂ったか?急に気温が下がって冬眠の場所を探しはじめたか?どっちにしてもうちの庭では生きられそうもないので、裏の川まで戻してやりました。いらぬことをしてしまったかな?


 夜まで、事務仕事をすこし。農協へ行ったり銀行へ行ったり。
 夕方、歯医者さん。

21日(水)
 今朝も曇り空。午後は晴れてくるらしいけど。
 ちょっとまだ「秋の詩」早いような気もするので、今日も事務仕事をするつもり。でも週間予報ではあまりよい天気が続かないような予報なので、ちょっと心配。
 頑張らなくては。

台風が接近中とショウガの薬味と『たちあがる女』とベニシアさんの番組

台風で田んぼ仕事もできないので、冷奴を食べようとしたとき、ちょうどショウガがあったので、おろしてのせてみる。私はどうもショウガという薬味が好きです。私が小さい頃は、まあ、日本中が貧しかったのですが、お客さんがあってもなかなかお刺し身を出すとかいうことはなくて、まあ、海の無い県なので、刺し身もフナの「子まぶし」が多かったような気がしています。でもそんなときはカマボコが出ていたような気がします。大きめの皿にカマボコをきれいに切って並べて、ショウガおろしをのせ、お酢と醤油をかけて出てきます。私は大好きだったなぁ。

 ↑冷奴にショウガの薬味をのせたことを書いているうちに、妙な話になってしまっているけれど、まあ、そういうことです(笑)。

 台風の一日。でもあまり雨は降っていない。風は強いけれど。

 ベネディクト・エルリングソン監督『たちあがる女』(2019)を観る。とてもいい映画でした。ウクライナの東部の紛争もちょろっと出てくる。環境問題の活動家「山女」がおもしろくて、ちょっと笑える。工業化の問題や環境問題を声高に叫ぶのではなく、どこか爽やかな感じもする。アイスランドの自然も美しい。
 主演のハルドラ・ゲイルハルズドッティルはちょっとイーデス・ハンソンに似ているな。かくまう男のヨハン・シグルズアルソンもカッコいいぜ。

 映画も観たけどNHKプラスで『猫のしっぽ カエルの手「Venetia’s Life 出会いとともに」』というのを観る。ここ10年ほどときどきNHKで、京都の大原で暮らすベニシアさんの様子が放送されていて、私も何度か観ていました。大原の築百年を超える民家で暮らす外国人女性の番組です。どうも今は病気で目が見えにくくなったり記憶障害になったりして施設に入られたようですが・・・。イギリス貴族の娘として過ごした幼少期、そしてインドから日本へ。人と人の「出会い」を軸に、その波乱の半生を振り返る、という90分の番組でした。旦那さんや友人たちとの交流を振り返ったりしています。そのなかで、こんなことをベニシアさんがおっしゃってました。

  “若いころ「食べるものが人をつくる」という格言を聞きました。その言葉が心に深く残りました。そして身体によい食事が大切だと考えるようになったのです。日本に来て伝統的な和食が、世界でもっとも健康的な食事であることに気付きました。私たちは農家の人々の仕事に感謝しなくてはなりません。彼らは野菜や果物など、私たちに必要で生活を支えるものを作ってくれているのですから。”  

 人の身体は食べたものから作られてる、というのは当たり前のことなのですが、普段は、まあ、忘れていますよね。本当は忘れてはいけないことなんだと思います。できるだけ地元の鮮度の高いものを食べる。化学肥料や農薬がいくら安全ですと宣伝されていても、できるだけそういうものの使われていない自然な食材を選ぶ。できるだけたくさん太陽の光を浴びて、雨と風の恵みを受けた食材。畑がなければプランターにでも、できたら化学肥料や農薬を使わずに、食べられるものを少しでも自分で育ててみる。そういう体験や意識が、世の中のいろいろな問題、高齢化社会や環境問題などにまで、通じていくような気がしています。うーむ。ほんまかな?わからんけど。ベニシアさんが番組の中で農家の人々の仕事に感謝しなくては、と話してくださったことがうれしかったです。