現代田んぼ生活 辻井農園日記

滋賀県の湖北地方で完全無農薬有機栽培米の「コシヒカリ」と「秋の詩」と「みどり豊」を作っている辻井農園のブログです。安心して食べていただけるおいしいお米をつくっています。

畦畔の草刈りとヘアリーベッチの発芽と『人新世の「資本論」』


 朝のうちは曇り。ほとんど無風。朝のうち少し事務仕事をして、畦畔の草刈りに出る。
 この時期の田んぼ仕事としては、秋耕が一番なのですが、こちらは長男にまかせることにしました。僕は畦畔や田んぼ道の法面の草刈りに。一番早い稲刈りは8月末ですが、その後に伸びてきた分になりますが、けっこう伸びてきているんですよね。
 夏の草はすでに枯れてきていますが、秋からの草は背の高いものはありませんが、緑色の大きな葉を地面の上に広げているんですよね。もういかにも高度の低い太陽の光をできるだけ受光しようという姿です。なんというかこういう合理的な姿に感心してしまうんですよねぇ。いや、こういう姿を選んだからずっと生き延びてきたのでしょうけれど。




 それと先月15日に播種したヘアリーベッチを確認したら、なんだかきれいに発芽して伸びてきていました!今年は初めてシーダーで播種したのです。お天気のこともありますが、シーダーで播種すると覆土して転圧をかけられるのがいいところ。ヘアリーベッチの芽は名前の通りhairyで、細いのでわかりにくかったのです。近づいてよく観てみると伸びていました。しかもちゃーんと筋状に見えてます。ありがたいです。まあ、このあとどういう生長をしていくのかわかりませんが、順調に育って緑肥として立派になってくれるとうれしいです。


 昨日もちょっと書いたけれど、斎藤幸平『人新世の「資本論」』(集英社新書)を読了。この9月22日に出たばかりのホカホカの本です。私のは10月18日の第二刷ですけど。コロナ禍とか気候変動のこともあるので、ちょっとあちこちで書評が出てましたので、読んでみました。斎藤幸平氏は1987年生まれの哲学博士で、経済思想、社会思想が専門なんだとか。経済学とか一番苦手分野です、たぶん。高校の世界史の授業だったかで(いや、倫理かな?政治経済かな?)、資本家と労働者の関係のなかで「搾取」という言葉を聞いたのが、マルクスにふれた最初だったかも。そういう私なので、ちょっと難しい内容でした知らない海外の学者の名前もたくさん出てきましたし。
 もっとも「潤沢な脱成長経済」というのものが現実としてどうなんだろう、とは思いました。もうひとつイメージがうまくできなかったので。半分ぐらいしかわからなかったかも(笑)。でもいろいろ考えるところはありました。
 例えば。
 今日のニュースで「改正種苗法参院本会議で成立 海外への不正持ち出し禁止」というのが報道されていて、種苗法が改正されたわけですが、海外への不正持ち出し禁止はいいとして、農家が収穫物から採取した登録品種の種を次の栽培に生かす「自家増殖」の際にも、開発者の許諾が必要になるというように改正されました。
 農業というか、農家は今まで植物がつける種を採取して、次年度の播種、栽培の準備をしてきたわけです。そういうことを繰り返してその土地土地に合う品種になるようにしてきたわけだし、その品種を守ってきたわけですね。そこに巨大資本のアグリビジネスが参入してきて、F1品種や遺伝子操作をした品種を作りだしてきたわけです。そういうタネは毎年買わねばなりません。そうすると農家は生産者であるんですが、消費者にもなってしまうんですね。登録品種は自家増殖の採取をしてはいけませんよ、と言われると、農家はなんとなくモゾモゾとしたものを感じてしまうわけです。またアグリビジネスの食い物にされてしまうんではないかと。農業の機械化がすすんで、そっち方面では農家はもう完全に消費者で、高額大型機械の購入に借金することになりその返済に四苦八苦しているわけですから。
でも読みながらたくさん付箋を貼り付けました。いつも思うんだけど貼り過ぎだってーの。

11月が終わり12月になったことと『晩春』とマル経と近経


30日(月)
 午前中は精米など。お昼にスーパーに行き、ビールとツマミを買ってしまう。午後はなんだか寒くて田んぼに出る気力が沸いてこないので、蒲団にもぐり込んで本を読んだり、うつらうつらしたり。
 などとしているうちに11月が終わる。新暦では月末だが、旧暦では十月、神無月の16日で月齢は14.9の満月です。満月ですが十六夜の月となりますな。雲が多かったのですが、夜中にふっと瓦を見たら光っているので空を見上げたら雲間に一瞬大きな月が出てました。すぐに隠れてしまいましたが。


1日(火)
 今日から12月ですな。師走です。
 このところビビ号がわりと朝早くから外に出せ、と鳴くことが多いので、今朝もまだ日の出前の少し暗いうちから散歩に出る。道路の街灯はまだ点いているし、車もヘッドライトをつけて走っている。東の空はオレンジ色になっているが、雲があってまだ暗いのだ。ふっと西の空を眺めたら、これまた一瞬だけ大きな満月が沈まずに浮かんでいた。


 朝のうちに精米など。それから野暮用でNTT西日本のお客様サービスに電話をかけたら、そういうことならDoCoMoの総合窓口に電話をしてくれ、と言われる。この手の総合窓口サービスに電話すると必ず用件毎にさらに番号を押せと言ってくる。そうして短くても3分ほど。長いと15分ほども待たされる。やれやれ。
午後は畦畔の草刈りに出る。17時過ぎまで作業していたら、たぶん日没で少し暗くなってきた。どうも刈払機のエンジンの調子が悪い。回転がどうも不安定である。弱るぜ。


 小津安二郎監督『晩春』(1949)を観る。観るのは二回目。原節子笠智衆。娘の結婚というドラマですな。笠智衆は映画の中では56歳で大学教授という役ですが、このとき、何歳かというと、1904年生まれだから、45歳か。僕が小さい頃は定年は55歳でしたからね。
 ま、幸せは結婚して二人で一緒に作り上げていくものではありますね、確かに。
 原節子小津安二郎のコンビの始まりの映画です。月丘夢路が演じる親友と原節子の会話がおもしろいが、やっぱり当時の東京の女子はあんな風な言葉遣いだったのだろうか。杉村春子の演技というか身のこなしというか、立ち居振る舞いとうか、動きが粋ですな。


 斎藤幸平『人新世の「資本論」』を先日から読んでいるのだが、資本論というと大月書店ですな。
 大学の生協の書籍コーナーの中の四角い柱の4面それぞれに小さな文庫本の書棚が取り付けられていました。そのある面の棚に大月書店の文庫本が入っていたのを覚えています。隣の面の書棚にはなぜか官能小説の文庫の棚でした(笑)。大月書店の国民文庫マルクスの『資本論』や『共産党宣言』なんかの文庫本が並んでいたのを覚えています。あまり売れているとは思いませんでしたが。ええ、僕も両方とも未読です。
 下宿に経済学部のY君がいたけれど、一般教養課程から専門課程に移るときに、彼が自分の部屋で同じ経済学部の友達と「マル経の先生と、近経の先生と、どっち選ぶが?」なんて会話をしてるのをそばで聞いたことも思い出した。マル経というのはマルクス経済学。近経というのは近代経済学のことなんでしょう。「マル経なんてもう古過ぎんがけ?」「就職の時にマル経とか不利にならんが?」とかの話も聞いたような(笑)。そこへ同じ下宿の経済学部の一年先輩のFさんが帰ってこられて、ワイワイと熱心に話をしているようなので、「お、賑やかやん。」と部屋をのぞかれて、会話に入ってこられた。今はそういうこともないのかもしれないが、昔の下宿って、だいたいこんな感じで気楽に誰かの部屋に集まったものでした。
 「古かろうが、なんだろうが、マルクスはホンモノやで。資本主義経済がどういうものか、ということを勉強するつもりなら、マル経も近経も同じことやで。古いとか新しいとかは関係ないし。古いものを学ぶことによって現代が見えてくることも多いやろ。」「ソ連や中国の現実の政治システムとマルクスの考えていた経済システムとは、また別のものなんやが。マルクスの言う“コミューン”って、実際のところどういうものなんやろな」「もしマル経を勉強している学生を採らないという会社なら、そんな会社には行く必要がないし、今頃、そんな採用方針の会社はないと思うけれど、いっぺんマル経にいってみて、どうなのか、実際に経験してみてほしいわ。」としゃべっていかれました。ちなみにその経済学部の下宿の先輩のFさんは留年を重ねて、その後、同級生になり、さらに後輩になってしまわれました。
 うーむ。1981年の秋の話なんですが。あれから40年が経とうとしているということにギョッとなりますな。
 その後ソ連は崩壊したし、東欧の独裁国家も崩壊して、資本主義経済がグローバルに世界市場を席巻しているのだが、その結果、ものすごい格差社会が生まれ、気候変動が激しくなり、世界人口は増え続け、大気中の二酸化炭素は増え続け、地球は温暖化がすすみ、地球上のあらゆるところがさまざまなゴミで汚され、もうこのままいけば、2030年とも2040年とも言われているけれど、元にもどすことができない地点(ポイント・オブ・ノーリターン)にいきつくと言われています。要するに、今のままの資本主義経済でいいはずがないんですね。(すでに破綻している?)
 今、読んでいる斎藤幸平『人新世の「資本論」』の表紙のカバーには「気候変動、コロナ禍・・・。文明崩壊の危機。唯一の解決策は潤沢な脱成長経済だ。」とあります。そうして坂本龍一白井聡松岡正剛、水野和夫、絶賛!ともあります。もっとも坂本龍一しか名前は知らないんですが。
 今、2/3ほど読みすすんだところです。
 そういえば、また思い出したけど、学生の時、集中講座で文化人類学の講義を何時間か、数日聴いたのだが、その時、W先生は「人類が、とくに先進国の人類が、今のままの暮らしを続けるのなら、さらに、このまま世界人口が増え続けるのなら、近い将来、そう遠くない将来に、地球の環境は激変して、地球に暮らしている生き物の生態系も大きく変わるし、人類も存続の危機になる、というのは文化人類学者の、だいたい共通した認識です。」とおっしゃったのもよく覚えています。1980年代前半です。

ゴミ拾いと人気の焼き肉屋さんと本屋と寄合いと読書灯


 朝のうちは「道路愛護」の地域活動で道路の際のゴミ拾いに出る。一時間ほど。
 お昼は家族で焼き肉屋さんにランチに行く。11時から始まるのだが、11時15分に着いたら、わりと大きめの駐車場が一杯なのであわてたけれど、案の定、もう満席で20分ほど待った。なるほど人気店らしい。車の運転は娘と奥さんにしてもらっているので、僕と父は生中と冷酒を注文したりして、ランチの定食をいただく。僕は牛タンの定食でしたが、なるほどおいしかったです。ただ、ま、なぜかご飯はもう一つでしたが。
 そのまま娘達と久しぶりに本屋さんに行ったら、レイアウトが変わったことを思い出し、またもやどこになにがあるのかわからなくなり、困惑する。ま、それでも本屋さんであれこれ新刊の背表紙を眺めて歩くのは楽しい。でも結局、本は買わず、白無地の便箋をひとつ買う。娘達はそのまま化粧品屋さんに行ったので、僕は隣の楽器屋さんに入ったが、楽譜を10分ほど眺めただけで出てきてしまう。お客さんは僕だけだし、買う楽器もないし、楽譜を眺めても楽譜は読めないのでありました(笑)。

 午後は発送準備をして、夜は寄合い。

 そうそう、先日、注文した読書灯なるものが届いたので開封して枕元に置いてみた。LEDライトのスタンド型の読書灯でフレキシブルアーム。トヨタ自動車のレクサスにも採用されているフレキシブルアームです、という宣伝文句もありますが、どうよ?(昔はNASAが採用した、という宣伝文句が流行ったことがありましたが、今はトヨタ自動車のレクサスなのか?うーむ、いいのかな(笑)?)LEDライトが長寿命なので、それに合わせてそれ以外の器具も10年以上使えるように考えた、と宣伝してありました。なるほど。台座もしっかり重くてなかなかいい感じではあります。
 ただ読書灯を使う私の方が、昔のように蒲団にもぐり込んで何時間でも読める、ということがなくなってきて、よほどおもしろくないと、いや、おもしろくても、アッという間に寝落ちしてしまうという状態なので、この読書灯が活躍するかどうかは微妙なところです(笑)。ただ枕元に置く読書灯を買おうと思った心意気に我ながら感心しているところ。昨夜は早速、読書灯の使いごこちを試そうと本を持って蒲団にもぐり込みましたが、ビールを飲み過ぎていたのか、横になったら5分で寝落ちしていました。朝、何ページ読んだんだ?といささか反省したところです。

冷たい北風と日野菜と事務仕事


 今日はしかし、朝方、暗いうちにけっこう激しい雨の音がしていたのは覚えている。でも起きた頃には、雨は上がっていて、陽射しが出るときもあったが、北風が強く寒い一日。一度田んぼを見に行ったけれど、軽トラから下りて草刈りができず。


 午前中は、来年耕作する田んぼのことで、あれがあり、これがある、という状況でバタバタする。
 午後は事務仕事でコンピュータの画像処理ソフトを動かして、いろいろ写真にコメントを乗っけるという作業をする。乗っけるというのは、田んぼの写真に新しいレイヤーを作って、そこに文字を書き入れて、合成するという作業です。
 古いPhotoshop Elementsが前のMacOS X のバージョンから動かなくなったので、「GIMP 2.10」をつかっての作業です。だいぶ慣れてきたのですが、まだまだどうも手こずってます(笑)。ブラックフライデーだのサイバーマンデーだの、楽天はスーパーセールだの、ネットショップの年末大売り出しがいろいろありますが、うーむ。ま、辻井農園も数あるネットショップの末席に、一応あるので、年末商戦に殴り込みをかけようか、と思った次第(笑)。ま、いいか。なんとか12月までになんとかしたいけど、なんとかなるのか(笑)。


 夕方からの作業は、ビールをプシュッ!としたのだが、日野菜の漬物でいただく。日野菜というがカブの仲間で、細くて漬物にすると赤く染まって美しい。ま、これも食べはじめると箸が止まらなくなるが、ま、食べ過ぎないように我慢もしつつゆっくりいただく。


 今日はお昼にご近所のお客様に60kgの配達をする。去年は12月に売り切れたので、心配して一袋よけいにご注文をいただいたようなのだが、ええ、今年は作付け面積も増やしましたので、まだまだご心配はいりません。どんどんご注文くださいますように(笑)。


 いや、作っていたのは、たとえばこんな感じのアイコンのような画像。やれやれ。
 辻井農園では3品種の無農薬有機栽培米を育てているのだが、これまではすべて文字色が同じだったので、ショップのページで同じような画像というかアイコンが並ぶと「どうよ?」と言いたくなる気がするので、品種ごとに文字色を変えることにしたのだが・・・。だいたいこの3色の文字色を決めるだけでけっこうな時間を費やしている(笑)。だって、こういうのはパソコン上でいくらでもシュミレーションできるので、切りがないのだ。おまけに文字色だけでやめておけばいいものを3品種の名前の前にキャッチコピーを入れてみようと、ちょっと考えてみる。考えてはみたが、なんらいいアイデアが浮かんでこないので、これはもう最初に浮かんだ言葉をそのまま使うことにする。ま、そのうち何か浮かぶかもしれないし、浮かばないかもしれない。trial and error というか、試行錯誤で、すぐに自分で直せるのがいいですな。素人の手作り感満載だが、ま、そのあたりが辻井農園の広告の王道です(笑)。というか有機JAS認証のこともあるので、ちょっと思案中の案件が多いのでありました。ショップのページは近日更新予定。いやはや。商売関係、仕事関係はなにごとにつけ、シンヨウとシンライとジッセキなので、無い知恵を絞りつつ誠実に正直にやらねばなりません。
f:id:tsujii_hiroaki:20201128215001j:plain

事務仕事と蕎麦をたぐることと小春日和

26日(木)
 今日も、田回りには出たけれど、田んぼには立たず。うーむ。
 朝一番に精米など。それから昨日とはまた別の書類を作る。出来上がった書類はPDFにしてメール添付で送って、間違いがあればチェックしてもらって、電話をいただいて、ちょこちょこと訂正箇所を直して、紙にプリントして提出しにいく。いや、県に直接提出書類はなにかとわからないことが多い。
 お昼に提出して、帰りに蕎麦屋さんによって「せいろそば」の大盛りをいただく。今は新蕎麦で十割蕎麦になっていて、少し高くなっていたけれど、おいしくいただきました。


27日(金)
 午前中からよく晴れて風もあまり吹かずポカポカ天気。小春日和でしょうなぁ。
 そんな中草刈りに出る。田んぼ道の道路の法面の草刈り。まあ、昔はこんな大きな法面はなかったのですが、圃場整備事業で田んぼが大きくなると、どうしても道路面と田んぼとの高さに差ができてしまうので、法面も大きくなりますな。背中に汗をかきながら草刈り。
 午後は農談会で寄合い。

事務仕事とシラカシと『風の中の牝雞』


 今朝も、満天の星だったことは、前のブログで書いたけれど、日が昇ってきてからはだんだん雲が多くなってきて、曇りがちのお天気。


 田んぼに出るつもりだったが、朝、精米などをしていて、事務仕事がまたもや溜まっていることに気づいて、バタバタして、農協へ行ったり市役所に行ったりして、午後の時間もすぎていく。いやはや、どうなっているんだ?僕はコンピュータを触るのは嫌いじゃないし、ワープロスプレッドシートもデータベースも画像処理ソフトまでだいたい基本的な機能は使いこなせていると思うし、日本語の文字入力だってブラインドタッチでそこそこのスピードで入力できるのだが、・・・。なぜか提出の締切に間に合わないことが多いのは、どうしたことなんだろう。間に合ったとしても、いつもギリギリなのはどうしたことなんだろう?
 田んぼ仕事は早朝からの仕事であればちゃんと起きてやれるのだが・・・。パーソナルコンピュータを動かすのは好きなのかもしれないが、世の中の提出期限というものを甘く観ているのかも。ええ、そういうことではイカンな。おおいに反省すべきことです。いや、いい歳なので、そんなことはわかっているのだが・・・。頭ではわかっているのだが・・・、という言い方があるけれど、頭ではわかっているけれど、身体が動かないということなのか?まあ、身体が動かないということは頭でもわかっていないということでしょうな。ええ、だいたい私の頭はわかっていないことが多いです(笑)。


 そういえば、今日はお昼過ぎにビビ号の散歩に出る。ドングリが落ちているのだが、シラカシかな?うーむ。


 小津安二郎監督『風の中の牝雞』(1948)を観る。田中絹代佐野周二です。なるほど。戦後3年目の公開。戦争中より戦後すぐのほうが食べるものもないし苦しかった、というのはよく聞く話だけれど、もちろん僕にはよくわからない時代のこと。あたしは高度経済成長期に育ってますから。とはいえ僕が小さい頃の写真とか観るとほんとに家は貧しいのだが、まあ、世の中みんな貧しかったのでしょうね。
 しかし思いのほか社会的な問題も含んだ映画でちょっとびっくり。DVとか、まあツッコミどころはたくさんあるけど。小津映画で評価の別れる作品ということらしいです。小津監督は自ら失敗作と言っているようですが・・・。そうなの?普通の市民が戦争をどう乗り越えて生きてきたか、というところもありますね。
佐野周二は先日観た『父ありき』ではわりと大根っぽかったけど、ここではなかなか演じてますな。年寄になってからの佐野周二はもちろん見覚えがあるけれど、若いときは男前なのか、どうか、よくわからないな(笑)。それと関口宏のお父さんだったか。うーむ。そういう芸能界のことにはトンと疎いのでありました。言われてみればなるほど似てるかも。今の年寄になった関口宏とじいさん役の佐野周二
 あと思いのほか笠智衆が若々しくて好演していると思います、あまり出てきませんが、悪くない。
 それはともかく「思いのほか」という言葉も一つのブログ記事で二度も使うとどうもいけませんな。

二日続きの満天の星空と『長屋紳士録』


24日(火)
 朝、トイレに起きたら、ちょうど新聞屋さんの配達の車の音。早速、取りに出たら快晴で満天の星でした!スバラシイ!と、一人で唸ってしまう。南東の空低く金星がギラギラと光ってました。オリオンも北斗七星も冬の大三角も。

 というわけで、明るくなるのを待ってビビ号の散歩に出て、日の出を拝み、朝のうちは精米など。
 その後、母をクリニックに連れていったりしたら、お昼になる。
 午後はいつものように畦畔の草刈りや、道路法面の草刈り。

 小津安二郎監督『長屋紳士録』(1947)を観る。やっとこれで小津映画も戦後の作品となりました。1945年が終戦ですから、撮影は戦後まもなくというところですね。72分の短い人情映画というところ。どうということはない映画ですが、焼け野原の東京にちょっとづつ建物が建ちはじめた頃でしょうか。生まれる前のことだし、東京だし、よくわからない。みんな演技が上手なのかどうか、わからないところがいいですな(笑)。でもちゃんと泣かせてくれます。なるほどなぁ。主演は飯田蝶子。この間観た『戸田家の兄妹』では女中をやってましたね。子役の名前は青木放屁なんだと(笑)。まいるなぁ。笠智衆がわりと若々しくやってます。歌も歌っていいですな。それから写真屋さんとして殿山泰司が一瞬だけ出ますね。笠智衆も出ればすぐわかるけれど、殿山泰司も出てれば必ずわかるなぁ(笑)。

 先週に続いてやってきた母のクリニックもコロナの影響で待合室の椅子が半分になっている。受付をすませると、看護婦さんに「たぶん一時間ほど待ってもらわねばならないので、外でお待ち願います。順番がきたらお電話します」と言われる。「じゃ、外の駐車場の車の中で待っていますわ」と車の中で待つことにしました。近所の人は家まで戻っているようだけれど。ちょっと大きな病院なんかに行くと、半日がかりで診察3分なんて話を聞くけれど、順番がきたら携帯に電話をもらえるのは、これはこれでいいかも。看護婦さんが車まで呼びに来てくださって、中に入ったら、すぐに診察してもらえました。ええ、もっとも先生との面談時間は尿検査の結果を聞いて、大丈夫でしたよ、と言われて、やっぱり3分でしたけれど(笑)。

25日(水)
 今朝も早起きしたので、トイレのあと外に出たら、またしても満天の星!星!星!お隣の玄関の明かりや街灯を避けて、ゆっくり眺めているとなんだかいよいよ星が見えてくる気がする(笑)。東の空、今朝もギラギラ光る金星の両側にうしかい座アルクトゥルスおとめ座のスピカが光ってました。スマホの「Sky Guide」で星の名前も位置もたちどころに判明してしまうぜ。
 快晴、無風。今日もまた田んぼに出れば仕事がはかどりそうです(笑)。