現代田んぼ生活 辻井農園日記

滋賀県の湖北地方で完全無農薬有機栽培米の「コシヒカリ」と「秋の詩」と「みどり豊」を作っている辻井農園のブログです。安心して食べていただけるおいしいお米をつくっています。

大豆の選別作業と十六夜の月と時雨模様


12日(火) 旧暦では神無月十六日 月齢15.0の満月
 終日、よい天気。午前中は事務仕事をして農協へ書類を提出。午後は精米など。
 お寺さんにお花のことを聞きにいった帰り、東の山からぐいぐいと大きな月が昇ってきた。十六夜の月ですが、月齢は15.0の満月です。


 iPhoneで満月を撮ってみるが、なかなか月は大きく写らない。それでSONYのRX100を持ち出してきたのだが、うーむ、暗いからかな、オートフォーカスがうまく利かないんですな。あらあら、と思って、それならいっそNikonのD40を久しぶりに使ってみるかと、ごそごそと出してきてタムロンの18-270mmというなかなか豪快なズームレンズを取り付けてみた。ええ、一番の望遠はこのズームの270mmなんですな。もちろん手持ちは無理ですから、簡易の三脚も出してくる。ところがD40のスイッチを入れるとバッテリーが足りないという。やれやれ。さっきまで充電器に入れてあったバッテリーなんだかが、どうも寿命なんだろうな。もうここ数年間使っていないしなぁ。バッテリーのないデジカメはただの黒い塊である。もちろん、ここでCanon New F-1に200mmをつけて持ち出してきてもいいのだが、フィルムがありませんがな。最近はコンビニでも売っていないしなぁ。というわけでまたSONYのRX100を持ち出してきて、三脚につける。オートフォーカスが利かないのでマニュアルフォーカスに切り替えて、露出(絞り、シャッタースピード)もマニュアルにする。もちろん一眼レフならマニュアル操作もそこそこ慣れているし、ファインダーをのぞけば露出計がついているので適性露出も簡単に合わせられるけれど、ファインダーのないRX100です。露出計のメーターもありません。要するに3.0型の小さなモニターに映る様子で適性露出を見ることになるんですね。ま、RX100はマニュアル露出、マニュアルフォーカスなんてことをあまり考えずにつくられたデジカメですからね。
 ま、苦労しましたが(笑)、なんとか撮影できました。でも、あとからみると、RX100は35mm判に換算すると28mm-100mmのズームなんですが、100mmの望遠側で撮っているつもりが、どうも28mmの広角で撮っていました。なぜかというと、先ほども書いたようにRX100はファインダーがなくて小さなモニターがついているだけです。するとマニュアルフォーカスだとピントが合っているのかどうか分かりにくいですね、それでRX100はマニュアルフォーカスにして、ピント合わせにフォーカスリングを回すとモニターの画像が拡大されてピントが確認しやすくなるのですが、そんなことはすっかり忘れてしまっている僕なので、拡大されているモニターを見て、望遠になっていると思ってしまったのでした。いやはや。
 ですからパソコンに画像を取り込んでみたら、とても小さな月が写っていました。それをトリミングでどんどん大きくしてみたのが、この画像です。露出はそこそこ合っていたようなので、月の表面のクレーターは写っていませんが、ウサギが餅つきしているかも、というぐらいにはボンヤリ見えるように写っていました。いやはや。来月が今夜のようにクリアな空かどうかわかりませんが、もう一度チャレンジしてみるつもりです。いやはや。(笑)


13日(水)
 今日も終日よい天気。午前中は精米など。それから乾燥機の大豆をコンテナに移す。
 午後は大豆の選別作業。


 膝のケガで長らく休んでいた宇良が序二段の百六枚目の番付で出場してきている。うれしい。しかも4日目までで2勝0敗で順調そうである。もちろんテレビの中継もラジオの中継もないので、ネットの速報で知るだけだが、頑張ってほしい。それにしても序二段の百六枚目ですか。身体の管理をしつつまずは十両をめざしてというところでしょうか。


 筑紫哲也『若き友人たちへ 筑紫哲也ラストメッセージ』(集英社新書)を読了。2009年に出てる新書です。10年前になりますね。そういう意味では古い新書ではありますが、おもしろくスラスラと読めました。


14日(木)
 未明から雨。ちょっと変わった面白い夢を見ていたような気がするのだが、雨の音で、何度か、目が覚めているうちに忘れてしまった。
 というわけで、今日は終日、雨が降ったりやんだり。午後になってもとても寒い。要するに晩秋の時雨模様の湖北地方特有のお天気です。初冬の日本海側の天気ですね。
そんなわけで田んぼに出られず、家でごろごろ。


 高橋源一郎の『一億三千万人のための『論語』教室』(河出新書)を読みはじめる。高橋源一郎による『論語』の完全訳、ということなのですが、もちろん中国文学者による訳ではないですし、ポップな現代語訳になっています。ちょっとやり過ぎだろう、という気もしますが・・・。


お寺のお磨きさんと食味測定と『ラブ・アクチュアリー』


10日(日)
 この秋からお寺の年番が12年ぶりに回ってきて、今日は報恩講さんのためのお寺のお磨きで掃除にでる。真鍮の仏具を磨いたり、天井を払ったり、窓拭きをしたり、畳を水ぶきしたり、ストーブの準備をしたり。あれやこれや。


 この金曜日から今日まで長浜ドームで農業機械大展示会が開かれていたのだが、僕は大豆の刈り取りで昨日までいけなかった。毎年、米の食味測定があるのでお米を計ってもらっているし、少しお昼に時間ができたので、封筒にお米を入れて計ってもらいに行く。無農薬の「コシヒカリ」と「みどり豊」と「秋の詩」。やはり自分の育てたお米の食味がどういう感じなのか、やはりそれが知りたいわけです。
 いや、スバラシイ数字が出ていました。食味計の結果の解説をしてくださる検査官の人からも三品種ともよく褒めてもらったのですが、「秋の詩」は、たぶんこの三日間で、これは最高の点数ではないかと思う、ということでした。この展示会の食味計は、水分の測定で、14.5%〜15%がSランクに設定されていて、これがどうにもうちの乾燥調整と合わなくて、無農薬のお米はいつも16.0%で乾燥機をあげているので、ここで大きく減点されます。お米はどんどん乾燥していくのですが、この時期だと15%〜15.5%になるからです。実際にお米を炊いて食べてみると16%ぐらいが一番おいしく感じるらしいです。でも常温で普通に貯蔵していると、夏場に15.5%ぐらいからカビが生えやすくなったりするのですが、保冷庫に入れておけば、カビの心配はありません。
 ま、とにかく三品種とも最高ランクのSランクの食味値でした。とくに「秋の詩」が最高値を出した、ということが僕にはうれしいことでした。あのですね、この春、菜の花の成育があまり良くなかったので、菜種を絞ったあとの「油かす」を田んぼに入れたんです。菜の花、ナタネ、油かす、これがお米の食味にすごくいい、ということがなんとなく実証された感じです。ま、昔から油かすは旨味、甘味を増す肥料と言われていますよね。褒めていただいたので、「ありがとうございます」と言って席を立つと、「いや、いいお米を見せていただいて、こちらもうれしいです。」と言っていただく。ありがたい。
 無農薬の「コシヒカリ」は完売してありがたいことでしたが、「みどり豊」も「秋の詩」も自信を持って販売できるのがうれしいのでした。おいしいお米です。どんどんクリックしてくださいね。と宣伝モードなのでした。


 昼過ぎに帰ってきたら、娘のボーイフレンドが英国のウェールズがやってきていて慌てる。若きウェールズ人は礼儀正しく誠実そうだったぜ(笑)。


11日(月)
 午前中は精米など。
 昼前から雨が降り出して、昼過ぎに突然ピカッと光って、1.5秒後にドカン!とでっかい音がする。近くに雷が落ちた模様。午後遅くからは晴れてくる。


 夕方、リチャード・カーティス監督『ラブ・アクチュアリー』(2004)をAmazonプライムで観る。観るのは何度目かだが、ま、クリスマスのロマンチックコメディとして良くできた映画です。群像劇でおおむねみんなうまくことが運んでいるのですが、カールとサラの関係だけはうまくいかずに終わっているんですよね。以前はあまり気にならなかったですが、今回はちょっと気になりました。
 あとキーラ・ナイトレイは、いつ観ても美しいですな(笑)。
 クリスマスも大晦日もまだまだ先だが、「芝浜」を聴いたり、『ラブ・アクチュアリー』を観たりする今日この頃ですな。

大豆の刈り取りとあれこれトラブルと『血と骨』


8日(金)
 昨夜の通り雨がうそのように朝から良く晴れる。
 終日、大豆の収穫。最初少し僕が汎用コンバインを運転したけれど、その後は長男に運転を任せて、僕は鎌で雑草を刈ったり、大豆を乾燥機に運んだり、あれこれサポートに回る。
 今年の大豆はここしばらくやっていた密植栽培から、中打ちをする慣行栽培に戻したのですが、さらに無農薬にもチャレンジしてみました。ええ。ええ。ですからもちろん雑草が生えます。中打ち(中耕)は二回しましたが、たくさん雑草が生えました。先輩農家からは「ツジイさん、あそこどうするん?」と言われたりもしましたが・・・。今日は、比較的、中耕だけで比較的抑草できた刈りやすい圃場から。ま、とは言え一般的にきれいに仕上げてある大豆の圃場とは様相が違うので、いささかハズカシイのですが・・・。ま、還暦手前の男が恥ずかしがっていても仕方がないので、ま、いいんですけど。大豆や小麦は、たくさん輸入されていますが、噂では(あくまで噂ですが(笑))、どっさり農薬や除草剤の中で栽培されている大豆や小麦らしいです。ええ、ま、よその百姓のことはわからないですが、僕はこの無農薬の大豆はもちろん農協へ出荷するのですが、ちょっとよさそうなのを残しておいて、また自家製豆腐を作ってみようと思っています。

 夜、崔洋一監督『血と骨』(2004)をAmazonプライムで観る。

9日(土) 立冬
 今日も朝から快晴。今日は立冬です。朝、一句で来ました(笑)。

        立冬の朝は快晴犬の鼻

 うーむ。お粗末ではあるが、浮かんできたのだがから仕方がない。

 終日、大豆の収穫。
 今日はいくつかトラブルが。今日の圃場は雑草がひどくて、何度かコンバインが詰まる。コンバインの二番口が詰まりました。という表示が出るのだが、レンタルの汎用コンバインなので、どこを開けて掃除すればいいのかがわからない。農協に電話して観に来てもらう。なるほど。そこが詰まってたのか、という感じ。
 それからさらに前回、大豆を乾燥するために車庫にムシロをひろげたという話を書いたが・・・。ええ、で、その車庫のシャッターに大豆の運搬器具をぶつけて、シャッターが曲がってレールから外れてしまった。いやはや。やれやれ。僕はわりとこういうミスはしないほうだったのだが、今日はお昼になったのに、昼食をおしておして、食べずに作業していたからかな、やってしまいました。自分でけっこう修理できないか頑張ってみたけれど、うまくいかないので、同級生の大工のN君に電話。業者さんには月曜日に来てもらうことになりました。いやはや、だなぁ。

 さて、もう三枚ほど大豆の圃場は残っているのだが・・・。あまりの雑草のひどさに、長男が無言で首を横に振っているので、このままトラクタですき込んでしまうかもしれません。ま、無農薬栽培もなかなかすんなりうまくはいきませんな。

 『血と骨』。ちょっと長くないか?144分か。ちょっと長いね(笑)。北野武監督の映画はまだひとつも観たことがない。北野武というか、ビートたけしの出演している映画も『戦場のメリークリスマス』しか観たことがなかったんです。僕は1980年の漫才ブームを生で知っているので(石川県出身の友人の下宿にはテレビがあって、今夜は『THE MANZAI』がある、『花王名人劇場』がある、と言ってくるので、よく一緒に観て笑っていたのです。)ツービートのビートたけしの頃から知っているのですが、上方漫才、上方落語に親しみがあったので、もひとつ、なじめなかったのでした。
 俳優としては、滑舌が悪いし、やっぱり大根だと思うけど、この映画では迫力だけは出てますね。なるほどな。すくわれない映画だが、実際、世の中、こういうこともあるのは知っているし、息子役の新井浩文がきちんと自立している様子が僕は好きです。
 原作は梁石日。いつものように原作は未読です。それにしてもこれも豪華キャストですわ。


大豆の刈り取り20191108

最後に播種した圃場の大麦の発芽と『砂の器』とムシロをひろげたことと無農薬「コシヒカリ」の完売





6日(水)
 素晴らしい天気の一日だったが、精米と事務仕事の一日。で、また一瓶、使い切る。って、今日一日で無くなったわけではないですけど。
 ここ数年、インクのブームなのか、万年筆のブームなのか、いろんなメーカーからいろんなインクが発売されるようになりました。ま、しかし、そんなにいろんなインクを使えるわけでもなく、ブルーブラック系のインクでは、このパイロットの色彩雫シリーズの「月夜」をずっと愛用しています。ブルーブラックなんですけど、ちょっとグレーがかった色味なんですよね。ペリカンのエーデルシュタインのタンザナイトも一度使ってみたいぜ(笑)。


 野村芳太郎監督『砂の器』(1974)をAmazonプライムで観る。初めて観ましたが、なるほど、名作といわれるだけのことはありますね。ええ、後半の「宿命」の演奏と親子の旅の映像、それから刑事たちの捜査会議での報告がじわじわと盛り上げていきますね。なるほどなぁ。松本清張の原作は読んでいませんが、これは橋本忍の脚本が良かったのかな。うーむ。しかし、僕が腑に落ちない感じがしたのは、なぜ事件が起きたのか、という説明があまりないことかなぁ。
 ハンセン病の父親役でほとんどセリフのない加藤嘉の演技がスバラシイと思いました。丹波哲郎は、僕の知っている中ではピカイチの演技でしたね。これだけ名優というかベテラン俳優がたくさんいると加藤剛の演技は男前だけど大根に見えてきてしまう。最近はニュースで登場することの多い千葉県知事は若い刑事役で頑張っていますな。


7日(木)
 最後に播種した大麦の圃場はなかなか芽が出てこなかったのでずいぶん心配したけれど、やっと、やっと芽が出てきた。ありがたい。


 明日、大豆の刈り取りの汎用コンバインを借りられるようなので、乾燥機を組み立てたり、車庫を整理して、ムシロを広げ、刈ってきた大豆をひろげられるようにする。
 最近はもうムシロもどこにも売っていないが、これがあーたスグレモノで、大豆でも麦でも籾でも、タネを広げて干すとき、たとえばブルーシートなんかの上で干しても気温の変化で露がついたりして(要するに断熱効果がないんですね)、うまく乾かないのだけれど、ムシロだとうまく乾くんですね。空気が通るし、地面やコンクリートとの断熱にも効果があります。でも最近はタネを広げて干すなんて面倒で手間のかかることをしなくなって、みんな乾燥機で乾かすから、ムシロを使う農家も少なくなっていると思います。うちのムシロもずいぶん傷んできていますが、ま、大事に使います。



 午後は長男がコンバインの足回りを水洗いしてくれる。僕はトロントから帰ってきた長女を迎えに行く。家族が一人増えただけで居間が急に狭く感じる(笑)。


 それから。
 ありがとうございます。完全無農薬有機栽培米「コシヒカリ」が完売です。今年は米の検査ではほとんど一等米でしたが、収量がいささか少なかったのです。そういうこともあったのですが、9月末からの販売開始以来、たくさんのご注文をいただき、あっという間に「コシヒカリ」は完売となりました。もちろん予約していただいている分は確保してあります。
 去年までは、2kg 5kg 10kgの規格で販売していたのですが、今年から2kgを廃止して、新たに15kgの規格で販売したのもよかったのかもしれません。全国一律15kgまで一個口で送料800円なので、15kgのお得感が出たのかもしれません。
 さらに今年は沖縄からのご注文を初めていただいたのですが、九州や中国地方からもご注文が増えました。ありがたいことです。
 「コシヒカリ」は完売ですが、「秋の詩」と「みどり豊」はまだ在庫がございますので、もうどんどん、じゃんじゃんご注文ください。ありがとうございます。


 夜、少し雨が降る。明日から大豆の収穫だというときに雨降るかなぁ?(笑)ま、激しい夜露だと思っておこう。
 下は今朝の朝露。まだ霜は降りていないけれど、露でぐっしょりの朝がつづいています。

畦畔の草刈りとドライブと談春の芝浜



4日(月) 振替休日
 いい天気。午前中は発送の準備など。午後は大豆の畦畔の草刈り。夜はJAのネットバンクを少し利用してみる。


5日(火)
 県の導農業士会の役員会とリーダー研修会で、甲賀市へ。水口町の「るシオールファーム」さんと土山町の「グリーンティ土山」さんにお邪魔して、あれこれ話を聞く。うちとは規模も指向する方向も違ったり、作物が違ったりするのだが、頑張っておられる人の話を聴くとあれこれ刺激を受ける。


 甲賀市まで車で出かけたのだが、天気はいいし、片道1時間40分ほどのドライブになったが、気持ちが良かった。イーグルスの初期のアルバムをずっと流しながら運転してました。


 立川談春の『芝浜』を聴く。うーむ。悪くない。いろいろ工夫がありますね。立川談春は『赤めだか』を読んだことがあるのだが、まだ若いからかな、それとも立川流だからかな、わからないけど、話しぶりに欲というか、灰汁というか、枯れていないなにかがあって、気になっていたんだけど、おかみさんの口調なんかに、いい感じが出てきていますね。まあしかし最後のあたりあんまり仲良し夫婦というのもねぇ。
 僕は『芝浜』は、小三治さんが好き。


立川談春・芝浜

精米と緑肥の播種と子供科学電話相談と『スマホを落としただけなのに』と『鉄道員(ぽっぽや)』


1日(金)
 晴れる。午前中は精米と発送と配達。長男はトラクタに乗って緑肥の圃場を播種に向けて耕起してくれた。
 午後は畦畔の草刈り。
 夜は発送準備。


2日(土)
 午前中は精米と発送。
 午後は来年の無農薬栽培に向けて、緑肥にするヘアリーベッチとナタネ(ななしきぶ)を播種する。


 中田秀夫監督『スマホを落としただけなのに』(2018)をAmazonプライムで観る。うーむ、なんだかテレビドラマのような感じだが・・・。スマホ落とさないようにしないと。


3日(日) 文化の日
 朝のうちは少し晴れてきたが、午後は曇り空。夕方、少し雨。
 午前中は精米と発送。
 午後は緑肥の圃場の溝をつなぐ。それから大豆の圃場の草刈りなど。
 長男が自走式の畦畔用の草刈り機のナイフを新品に交換して、動かしていてくれたのだが、どうもクラッチがうまく切れなくなったのか、途中で止まってしまったようだ。うーむ。もう何年になるのだろう。大活躍の畦畔用の草刈り機だからなぁ・・・。


 そういえば午前中精米しながらラジオを聴いていたら、NHKの「子供科学電話相談」が流れていた。
 そこで、飛ぶのが先か、翼が先か、みたいな質問があって、答えは翼が先なんだそうです。というのは、最初は翼は飛ぶためのものではなかったと。卵を温めるのに手や腕より都合がいい。しかも羽毛があれば保温しやすい。さらに羽毛があれば自分の保温にもなるし、カラフルな色が出せて識別やアピールや求婚・求愛しやすい、というようなことがあって、先に翼ができたのだとか。で、翼が出きてくると、羽ばたきたくなるし、樹の上で暮らしているような奴だと、いちいち下まで降りていくよりは、隣の樹木に飛び移ったほうが、安全だし、速いから、だんだん飛びたくなってその翼が利用されるようになってきたのだとか・・・。うーむ。なるほど。そういうものか。おもしろいなぁ。
 鳥の祖先は恐竜だ、というのはだんだん世間的にも認知されるようになってきたけれど、鳥になったのは草食恐竜ではなくて肉食恐竜の、しかも小さくて、弱くて、逃げて樹上生活を選んだような奴だったそうです。草食恐竜は四つ足で体が重くてダメなんだそう。なるほどなぁ。おもしろいなぁ。そう言われれば、雀は米を食べたりするし、鶏の餌にはくず米や菜っ葉をやったりするけれど、どれもコツコツとつつくように食べます。基本、鳥は虫や魚を食べてるなぁ、と思った次第。ムシャムシャ畦畔の草を食べてる鳥はいませんな。嘴は草を食べるのに適してはないですね。なんだかね、面白かったです。鳥に関する質問は川上和人先生が、恐竜に関する質問は小林快次先生というゴールデンなコンビでした。川上先生は何冊か本も読んでファンですが、小林先生はまだ読んでいませんが、早口で、子供相手にけっこう難しい質問を投げかけたりするのだが、また子供たちがビックリするぐらい恐竜の名前や暮らしぶりを知っているのに驚かされる。ここ数年、子供たちの中に小林快次グループというか熱いコアなファンが形成されているのがわかって、これもまた面白いです。


 夜、降旗康男監督『鉄道員(ぽっぽや)』(1999)をAmazonプライムで観る。もう公開から20年になるのですね。いまさらですが、初めて観ました。なるほどねぇ。主演の高倉健降旗康男監督もともに故人となられました。雪の北海道の景色が美しかったです。ファンタジーですな。


 そういえば大豆の圃場の畦畔の草刈りをしていたら、カマキリの卵を見つけた。たぶんチョウセンカマキリだと思う。オオカマキリの卵はもう少し長さが短くてふんわりとしてますね。
 それはそうと、無農薬栽培をやってみた大豆だが、大草原(おおぐさわら)となってしまったのだが、さて、どうしよう(笑)。

溝切りと『カメラを止めるな!』と「流星」


 朝からよく晴れる。
 午前中は精米など。それから長男がナタネとヘアピンの播種に向けて溝を切ってくれた。僕は畦畔の草刈りなど。
 うーむ。播種した大麦が芽を出してきてうれしいが・・・。うーむ。あまりきれいに芽が出てきていない圃場もある。やはり圃場が湿っていたところはよくないな。いやはや。


 夜、上田慎一郎監督『カメラを止めるな!』(2018)をAmazonプライムで観る。あはははは。面白かったです。「最後まで席を立つな。この映画は二度はじまる。」「無名の新人監督と俳優達が創ったウルトラ娯楽作」というキャッチフレーズですが、なるほど。なるほど。この映画は滋賀県民、というか湖北地方の人間にとっては、少し縁のある映画で、上田慎一郎監督は木ノ本町の出身なんですな。中学時代からお父さんのハンディカムで自主映画を撮っていたそうです。なるほど。でもこの映画も高校生の学園祭用の映画のノリというか、ムードがそこかしこに漂っていました。でも楽しめました。


 それから朝飛び込んできた沖縄の首里城の焼失のニュースには、ちょっとショックを受ける。テレビから流れてくる映像も生々しいものだったし。いえ、首里城には個人的な思い出があったものですから。一度だけ少し琉球の城(グスク)の勉強をしたことがあった。もうみんな忘れてしまったけれど、今、ウィキの「首里城」の歴史のところを読むだけで沖縄のおかれてきた状況の一端がうかがわれます。


 さて、今日で十月も終わり、明日からは十一月。この時期になると、ふっと思い出す詩があります。って、カッコつけすぎだけど、この散文詩がだいたいカッコつけてますから(笑)。



      流 星         井上靖
 
 高等学校の学生のころ、日本海砂丘の上で、ひとりマントに身を包み、仰向けに横たわって、星の流れるのを見たことがある。十一月の凍った星座から、一条の青光をひらめかし忽焉とかき消えたその星の孤独な所行ほど、強く私の青春の魂をゆり動かしたものはなかった。私はいつまでも砂丘の上に横たわっていた。自分こそ、やがて落ちてくるその星を己が額に受けとめる、地上におけるただ一人の人間であることを、私はいささかも疑わなかった。
 それから今日までに十数年の歳月がたった。今宵、この国の多恨なる青春の亡骸――鉄屑と瓦礫の荒涼たる都会の風景の上に、長く尾をひいて疾走する一個の星を見た。眼をとじ煉瓦を枕にしている私の額には、もはや何ものも落ちてこようとは思われなかった。その一瞬の小さい祭典の無縁さ。
 戦乱荒亡の中に喪失した己が青春に似て、その星の行方は知るべくもない。ただ、いつまでも私の瞼から消えないものは、ひとり恒星群から脱落し、天体を落下する星というものの終焉のおどろくべき清潔さだけであった。


 やっぱり、カッコいい詩ですな。僕も高校生の時に井上靖の『北国』という散文詩を見つけて、よく読んでいました。当時は井上靖の小説がよく映画化されていたし、NHKの「シルクロード」という番組が大ヒットして、井上靖もよくテレビに映っていました。しかし、久しぶりに読んだら、最後の段落が以前に増して沁みますな。