現代田んぼ生活 辻井農園日記

滋賀県の湖北地方で完全無農薬有機栽培米の「コシヒカリ」と「秋の詩」と「みどり豊」を作っている辻井農園のブログです。安心して食べていただけるおいしいお米をつくっています。

『デヴィット・ストーン・マーティンの素晴らしい世界』とチャールズ・ロイドのあれこれ

 精米して事務仕事。といきたいところだが、事務仕事はこれから。ああ。

 村上春樹『デヴィット・ストーン・マーティンの素晴らしい世界』(文藝春秋)読了。そうか、そういうイラストレーターというかデザイナーだったんだ、デヴィット・ストーン・マーティン。「まえがき」によるとcrow quill pen(丸ペンですよね?)を使っているようですけど、わりとシンプルなペン画に単色の色を使ったイラストレーションですな。素晴らしいです、たしかに。私の好みそのものです。ベン・シャーンの影響が強いんじゃないか、って村上春樹も書いてますが、私もそう思いました。というかペン画のイラストというと、どうしてもベン・シャーンになってしまうような気がする。山藤章二ベン・シャーンの影響を受けた、って自分で書いていたし、ま、見ればその影響も感じるし、山藤章二もデヴィット・ストーン・マーティンのことは意識していたんじゃないか、と思いますね。うーむ。おそるべし、ベン・シャーン
 あとノーマン・グランツというプロデューサーもオモシロイよね。Verve RecordsとPablo Recordsという二つのレコードレーベルを創設したんだけれど、僕もこの二つの会社のロゴが入ったレコードは何枚も持っています。たぶん。EmaArcyとかImpulse!もVerveの傘下だったよね。
   
 JATP(Jazz at the Philharmonic)の興行が有名だけど、あの赤いジャケットのトランペッターのJATPロゴマークもデヴィット・ストーン・マーティンなんだそうです。うーむ。知らなかった。
 デヴィット・ストーン・マーティンのイラストが素晴らしいので、村上春樹の文章もかすんでしまいそうなんだけれど、チャーリー・パーカーやジョニー・ホッジス、レスター・ヤングオスカー・ピーターソンカウント・ベイシー、ビリー・ホリディというあの時代の、ビバップの頃までのジャズのおもしろさ、楽しさは伝わってきます。
 私はもちろんチャーリーパーカーもカウント・ベイシー、ビリー・ホリディも好きだけれど、クールなマイルス・デイビスにすっかりやられてしまっているので、音楽としてはあまり繰り返しは聴いていないんですけどね。
 ブログでどこまで紹介していいのか、著作権のこともあるんでしょうけれど、まあ、すこしだけ。ちいさな画面で(笑)。本に印刷されているレコードジャケットの写真もわりと小さいのが多いので、あたしゃ虫眼鏡でジャケット写真を観ましたがな。もうすこし、そのあたり考えてほしかったような気がします(笑)。


↑わかる人にはわかると思いますが、私もベン・シャーンの影響を受けていますので、デヴィット・ストーン・マーティンとはイラスト関係では兄弟スジ、あるいは親戚スジにあたります(爆)。というか、こういうイラストというか落書きをブログに載せたいんだけどな、なかなか精進が足りませぬ(笑)。

 で、こんな風にジャズレコードのジャケットの話を読んでいたので、BGMは当然ジャズにしたくなるのですが、読書のBGMにするジャズって、わりと難しいんですよね。というかポピュラーミュージックはね。その点、私の場合バッハはわりといいんですけど。などと書くとバッハのファンの方に叱られるかもしれないけれど。
 今回は先日ラジオから流れてきたチャールズ・ロイドにしました。ラジオから流れてきたのはチャールズ・ロイド&マーヴェルズの「You are so beautiful」なんですが、これノラ・ジョーンズの歌も入っているんですよね。2016年のアルバムに入っているそうですが、知りませんでした。でも一発で気に入ってしまいました。

 ↓でもね。私にとってのチャールズ・ロイドと言えば、これです(笑)。昔、通ったことのあるジャズ喫茶はあまりお客もいなかったし、アルバイトが交代で一人で回しているお店でした。今で言うワンオペですね。かけるレコードはそのアルバイトの人の好み、というかアルバイトの人が自由に好き勝手に選んでかけているようなお店でした。で、そのアルバイトの人は自分の好きな同じレコードを何度も時間をおいて繰りかえしかけるというようなことも多かったんですよね。で、この『Charles Lloyd Quartet at Monterey Jazz Festival』がよくかかっている時期があったんです。ジャケットがわりと強烈ですからよく覚えています。1966年のライブ盤です。ピアノがキース・ジャレットなんですよね。『ケルンコンサート』のキース・ジャレットとは違うピアノですけど(笑)。私は『ケルンコンサート』でキース・ジャレットを知ったので、ああ、こんなピアノも弾いてたんだ!と思ったのをよく覚えています。
 チャールズ・ロイドって、そういえばあまりその後聴いてこなかったのに、急にラジオから流れてノラ・ジョーンズといっしょにやっているんだもん。その後、検索したらたくさんアルバムを出してますな。素晴らしい。というわけでチャールズ・ロイドのアルバムを聴きながら『デヴィット・ストーン・マーティンの素晴らしい世界』を読んだのでした。

うっすらした雪に春の朝の光

3日(日)
今日も朝にはうっすらと積雪。
春の朝の光があたって美しい。3月3日の朝。


↑日の出直前の気配。


↑奥は大麦。手前は土筆。


↑土筆に雪と霜?


↑大麦の圃場と奥に湖北の山。一番奥の中央、ちょこんと三角の頂きは己高山。


↑大麦の圃場。


↑庭の枯れ草にも雪。

 午前中にお寺さんの門徒総会。お寺の御堂の建て替え・新築になるので、御堂の中のちょっとしたもの(座布団や椅子やストーブなど)を御堂から運びだすことのお手伝い。御堂の中、一時間ほど椅子に座っていると足が冷えて冷えて。お手伝いで身体を動かしたらちょっと温まった。

 ちょっと帰省してきた次女がクルマ屋さんでクルマの定期点検を受けて、同時にタイヤをスタッドレスからノーマルに交換してもらって帰っていった。

 NHK囲碁トーナメントの準決勝で一力遼棋聖井山裕太王座の対局を観る。棋聖が中押し勝ち。しかしこのところこの二人の対局ばかりのような気がしている(笑)。週末はまた棋聖戦の第7局が楽しみ。私、どうなってしまったんだ。

 あと、村上春樹『デヴィット・ストーン・マーティンの素晴らしい世界』(文藝春秋)が届いたので、ちょっと読みだす。

 今朝は本当に美しい光だったのだが、どうもカメラを持ちだしてパチパチとシャッターを切ったけれど、どういうわけだか、思ったようには撮れていない(笑)。まあ、いいんだが(笑)。

 夜、『光る君へ』を観る。脚本家の大石静さん、もう直秀を殺しちゃったんですね。ちょっと早くないですか?(笑)

4日(月)
 また一週間がはじまる。ことのところ囲碁トーナメントと大河ドラマで曜日の確認をする日々になっています。やれやれ。
 そういやいつもの畦畔にフキノトウを探しに出たが、まだ少しも出ていなかった。

瓶と缶100㎖あたりのビールの単価比較と苗代準備と『植物と暮らす12ヶ月の楽しみ方』


↑贅沢なアテはいらない。などと書いているが、あまり贅沢なアテで飲んでいる記述はこれまであまり見当たらない(笑)。

1日(金)
 今日から三月。なんだか終日雨が降ったり止んだり。
 午前中は精米など。午後は事務仕事など。支所に行ったり、農協に行ったり。

 第48期棋聖戦挑戦手合七番勝負第6局もチラチラと見たりする。井山裕太王座が勝って、これで三勝三敗。最終第7局までもつれることになりました。井山さんに棋聖をまたとってほしいな。


↑昨日水を入れて長男に代かきをしてもらった田んぼ。乾かして平らな土にして、苗箱を並べることになります。

 なんだか気楽にクリックした本が次々と届いているのだが、なかなか読めてはいない。
 でも、これはムック本のような体裁なので、いちおうぺらぺらと『植物と暮らす12ヶ月の楽しみ方』(KADOKAWA)読了。もちろんカペル・チャペックの『園芸家12カ月』の現代版というか”アイデアいただき”のようなものだが、写真もきれいだし、まあ、実際の園芸としては情報が足りない気がするが、楽しみつつ読めます。このムックの帯で「ガーデンストーリー」を初めて知ったのですが、月間750万ページ-ビューとはスゴイですね。そんなサイトがあるとは知りませんでした。なるほど。ま、ガーデニングはもうずっと人気だからなぁ。ガーデニング業界はコロナ禍もなんのその、返ってコロナ禍の中でも儲かっているんだろうなぁ。そのあたりが農業とは違うところ(笑)。オシャレですわね。

 うん?そろそろフキノトウが出てくる季節か?今年はまだ確認してないな。ガーデニングももちろん楽しそうだけれど、私の場合、農薬を使わない田んぼの畦畔から生えてくるフキノトウやツクシとか、春の野草をちょっといただいてくる、という方が性に合っているような気がする(笑)。畦畔の野草の花も美しいし。ええ、あーたの田んぼの場合、畦畔だけでなく田んぼの中にも野草が勝手に生えてきてしまうのが、つらいところですな、などとは言わないように(爆)。うーむ、いまどき(爆)などという記号を使うブログもないか(苦笑)。と(苦笑)も使ってみるぜ。^^

2日(土)
 未明、風が強くて吹雪いてましたが、朝、うっすらと積雪。ま、春も一歩一歩。

水路に水を引いてきたことと棋聖戦と「松樹千年翠」と二月尽

 早起きして精米など。
 それから、苗代をする田んぼに水を入れて、長男に代かきしてもらう。うちの苗代は露地プール苗代なので、土を平らにしてその上に苗箱を並べるのです。
 なにはともあれ、水路に水を引いてきて田んぼにいれるとしみじみ春を感じますな(笑)。


 相変わらず、囲碁のことはさっぱりわからないのだが、井山さんの囲碁の対局は見てしまう。
 棋聖戦では117手目を封じ手にして初日の最長手数の新記録だそうです。
 二日制の第6局の一日目が終わったところなので、まだまだどうなのかわからないけど、ここまで三勝二敗で一力棋聖が優勢で、井山王座はカド番です。なんとかここで勝って、最終第七局までやって棋聖もまた奪取してほしいです。
 会場は神奈川県箱根町「ホテル花月園」で、床の間に「​​松樹千年翠」(たぶん。)と書いた軸が下がってます。あーた、なかなか床の間にかかった掛け軸の文字は草書(?)で読みにくいですけど、なんとなく読めました。むふふふ。

 「松樹千年翠」はもともとは禅からきているらしいですが、茶道なんかでも使われるみたいですbね。
 「松寿千年翠」とか「松柏先年青」と書いたりもしますね。「松の木の翠色(みどりいろ)は千年もの長い歳月を重ねても、その色を変えない。」というような意味なんでしょうね。 「松」は長寿や繁栄の象徴で「ことほぎ」の言葉になりますね。そんなおめでたい言葉、おめでたい掛け軸として棋聖戦の対局の部屋にかけられていたんでしょう。
 そんなこんなで、筆ペンで稽古してみました。左から楷書、行書、草書、適当と、お手本を見て書いてみましたが、軸にあったような草書なんて、うーむ、書き順もどうなってしまうんでしょうね(笑)。

 というわけで二月が終わる。閏年で一日得しましたね。
 棋聖戦の中継をYouTubeで観ていたら、急にYouTubeを観覧している人のコメントに「今、大谷が結婚したってニュースが流れてきた!」と流れたので、ちょっと騒ぎになった(笑)。囲碁ファンも大谷翔平選手の結婚は気になったらしい。まあ、突然ですからね。


冷や酒と寄り合いと凧揚げと天下を取った気分と『お家、見せてもらっていいですか?』

23日(金) 天皇誕生日
 弟夫婦が、お正月に帰ってこれなかったので、父と母に顔を見せに帰ってくる。奥さんがあれこれオードブルなんかを用意してくれて、あたしはもっぱらビールとお酒の準備。久しぶりにキリンラガーの大瓶を1ケース買ったり、何本か吟醸酒を準備する。ビールは最初の一杯がなんともうれしく極上だけれど、日本酒は吟醸酒なので冷やでグビリとやりました。だいたいうちの家には「燗をつけましょうか?」という人はいないんだなぁ。ええ、私も「燗をつけてくれ。」と家の中で言ったことは一度もないなぁ。まあ、燗をつけたいときは黙って自分でレンジでチン!というのが今どきの相場ですわな、どこのご家庭も。たぶん。しらんけど。

24日(土)
 午前中は精米など。
 夜、農事組合の初寄り。寄り合いですね。ええ、会議です。

25日(日)
 午前中は精米など。
 午後は囲碁番組を見ているうちになんだか寝てしまう。

26日(月)


 ええーっとですね、ちょっと自慢させてもらうと、あたしゃ、あーた、凧揚げ名人だと自称しております(笑)。あーた、そういえば子どもの幼稚園の参観でコマ回しがあったのに、急に園児のなかに飛び入り参加して、ギュンギュン回して、幼稚園の先生に褒めてもらったと、コマ回し名人だと自慢してましたな(笑)。ええ、コマ回しはギュンギュン回せるの得意なんですが、凧揚げも得意なんです。いや、ほんまですって。小学6年の時(?いや、中学一年だったのだろうか?)にアメリカから輸入された「ゲイラカイト」が大流行していたんですが、中学二年生のときの美術の時間に立体凧を教えてもらったんですね。平面の凧ではなくて木工ボンドで木を組んで、色セロファンを貼る凧。これが楽しくて、授業で作った凧以外にも家で同じような凧を二つ三つと作りました。これがあーた、ものすごくよく揚げられたんです。平面の凧だと足を付けたりしますが、足の無い凧です。もーね、どこまでも高く揚がって見えなくなるまで揚がりました。凧糸という木綿の糸は重いのでダメなんです。いやダメではないんですが、糸の重さで高さが出ないんですね。ええ。それで釣り糸を使いました。リールの釣り竿の糸を使いました。500mくらい、目一杯伸ばすともう見えなくなるくらいなんです。
 え?コツですか?教えましょう(笑)。あの凧の糸の結び方で角度が変わりますね。風の強さで糸の結ぶ位置を変えるんです。要するに風の強さで凧の角度を変えてやるんですな。ほんまですって!西洋の凧のゲイラカイトはそういう調節が必要なくて、一本の糸を結ぶだけですみますから、誰でもどんな風でも上がります。でも日本の凧はその角度を決める糸の長さの調節をしなくてはいけません。ま、そこに凧揚げの面白みもあるんですが・・・。「え?そんなこと?そんなん誰でもわかるやん!」とお思いでしょうけれど(笑)。こういうことをね、あーたね、自分で気がついたんです。誰にも教えてもらわずに。いや、自分で最初から凧を作るわけですから、そのあたりの調節も最初から自分でしなくてはいけないわけです。美術の先生も知っておられたかもしれませんが、授業の時には、そういうことはお話にならなかったような気がしています。自分で考えて気がついたので、見えなくなるぐらい高く揚がった凧を天下取ったような気持ちで眺めていた中学二年生でした(笑)。お隣の小学校の子どもたちの中から凧揚げ名人が出てきますように(笑)。


27日(火)
 精米と事務仕事をすこし。

28日(水)
 精米と事務仕事。

 佐久間薫『お家、見せてもらっていいですか?』(kadokawa)読了。といっても漫画なので、20分で読了できます。でも楽しめました。小学生が自由研究で近所の家を見せてもらいにいく漫画。ま、人生いろいろですし、人生いろいろな分だけ家もいろいろですわな。

 じつはこのところクリックして本を何冊か買ってしまっていて、それがなんというかあっという間に届くという便利な世の中なのだが、ああ、届いても読了できるのかどうか、あやしくなってきています。ま、いいんだけれど。農業関係の本もクリックしていますぜ(笑)。ええ。また明日にでも。って、明日には読了できているのか?

「秋の詩」の完売と庭の梅の開花と「忄」の書き順と東京大学大学院からの封書




↑うちの庭の白梅も咲きはじめました。すでにあちこちが満開という梅の便りが届いていますけれど、
うちの白梅は毎年遅いので、これでも例年より十日は早いような気がします。

 ありがとうございます。皆様のご贔屓のおかげで有機栽培米「秋の詩」完売いたしました!
 有機栽培米「コシヒカリ」も残りわずかになってきました。って、いや、まだまだあります。どんどんご注文ください!(笑)
 辻井農園のHPで「秋の詩」完売の表示が出るようにして、続いて楽天市場の辻井農園のHPで「秋の詩」の完売のお礼を表示させようとしたら・・・。うん?新トップページ?「PCのページも新トップページに変更しますか?」「新トップページに変更すると元には戻せません。」うん?と思いながらも更新したら・・・。あら?ずいぶんとあっさりしたHPになってしまいました。ええ、もちろん元には戻せません。いやはや。なんやねん。
 だいたい楽天市場のショップのページの設定は訳がわからんよね(笑)。ええ、本当に最初の設計がヘタクソ。(だと思う。ええ、個人的な意見です。言い過ぎたかな?でも書きだすと止まらなくなりそうなので、この辺でとめておきます。)
 ま、またぼちぼちと造り上げていきなはれ。ちゅうこってすわな。ま、ありがたいことに令和5年産のお米ももうすぐ完売しそうなので、秋までにはなんとかしたいところです。でもまた最初から作るのはなんだかシンドイ気がする(笑)。それに新トップページと旧来のページと二本立てになっているということだよね。ますます混乱するんじゃないの?ええ?三木谷さん、あーた。


 ああ、この歳になって、今ごろ気がついたのだが、僕の「忄」立心偏の書き順、筆順が間違っていた。SNSに動画投稿が増えてきているけれど、書道とか習字、それからお絵描きなんかでも動画で、その制作過程もアップされることが多くなってきているのだが、書道や習字なんかだと筆順がわかりますからね。
 ええ、僕は小学生の頃から、まあ、いろんな人から書き順がおかしいよ、と言われつづけてきたことは以前にも書きました。
 しかし立心偏もだったのか。ま、だいたい「心」関係は難しいよね。「心」と「必」とかね。「忄」あたしゃ、ずっと真ん中の縦棒から先に書いてきたけれど、両側の点々が先だったのか。ま、死ぬ前に気がついただけマシと思うようにしましょう。この分じゃ、まだまだあると思うけど、ま、恥をかかないと覚えられないこともありますから、ということで(笑)。

 そうそう、東京大学大学院農学生命科学研究科から封書が届いて慌てる。「何事か!?」と思うじゃないですか、東大ですから(笑)。開けてみたら昨年12月にアンケートに応えたのだが、その集計結果と調査の謝礼に当選してアマゾンのギフト券のカードが入っていました。そういやネットから有機栽培農業についてのアンケートに応えたことを思い出した。たしかあのときも東大の大学院からアンケート調査の依頼が封書であって、「何事か!?」と一瞬あわてたのでありました。東京大学からの封書、私には威力がありますぜ。と思ったが1000通依頼の封書を送って、回答は300ほどだったとのこと。あれ?そんなに威力もないのかな?(笑)
 この有機栽培農業についてのアンケートの最後にオマケのように宝くじに関するいくつかの質問もあって、なんじゃ、これは?と思ったが、どうやらこの宝くじの質問で、回答者のリスクマネジメントの考え方を探っていたらしいことが昨日の調査結果でぼんやりわかったけど、さすがに東京大学大学院のアンケート調査の分析は違うぜ、とニンマリしたことでした。しかしさすがに東大大学院、その肝心の有機栽培農業についてのアンケートの分析の説明文がよくわからないんだけど(笑)。たのむぜ、東大大学院の先生。

NVIDIA旋風が地球周回」という新聞の見出し。おおおお!NVIDIA(エヌビディア)、懐かしい。アメリカの半導体のメーカーだがNVIDIA半導体がAIの開発に利用されて、株価がウハウハ状態なんだそうです。よくわかりませんが、その影響が地球を回っていて日本もその影響を受けているのだとか。半導体でもCPUでなくてGPU向けの半導体なんだそうです。「Graphics Processing Unit (GPU)」なんですな。ってまあ、私にはよくわからんのだが(笑)。たぶん私のiMacにも使われていたような気がします。って、今、調べたらRadeon Pro 570でした。NVIDIAではなくてAMDでした。